2014/08/10 13:14:10 | 脱毛サロンへ行こう
サロンでの脱毛は、はっきり言って自力の脱毛よりもお金がかかります。逆に言えば、お金がかかる以外は、自力よりも遥かに満足できるでしょう。脱毛をすること自体、家庭用脱毛器があれば自力でもそれほど手間にはなりませんが、背中など部位によってはかなり難しくなります。デリケートゾーンも自力で処理するのは抵抗がある人が多いのではないでしょうか。それが、脱毛サロンであれば、リラックスした状態で希望の部位を脱毛してもらえるのです。脱毛方法も、脱毛サロンに任せれば安心です。自力での脱毛だと、こちら(自力で脱毛するとこんな問題が)でご紹介したように、肌のトラブルが絶えません。家庭用脱毛器も、出力の強弱を自分で判断す...
2014/08/10 13:14:10 | 脱毛サロンへ行こう
さて、それではサロンで行う脱毛は、自宅で行う脱毛とどのように違うのでしょうか。サロンでの脱毛にもいくつか種類があります。一番歴史が長いのがニードル式と呼ばれる方法。その歴史は100年以上にも及びます。ニードル式とは、毛穴に一つずつ細い針を通し、電流を流して毛根ごと破壊するものです。毛根がなくなるので文字通り永久脱毛となるわけですが、ご想像通りかなり大きな痛みを伴います。施術者が初心者だと、痛みばかりかダメージも大きくなるようです。その上、一本一本脱毛していくわけですから、膨大な時間がかかります。そのため、現在ではあまり行われていません。ニードル式にかわって出てきたのがレーザー脱毛です。レーザー...
2014/08/10 13:13:10 | 脱毛サロンへ行こう
前回紹介したように、自宅で簡単に脱毛を行う方法はいくつかあります。脱毛サロンに行くのと異なり、金額をかなりおさえられますし、いつでも気軽に取り組むことができます。しかし、自力の脱毛には肌のトラブルがついて回ります。まず、カミソリの場合、ムダ毛と一緒に肌も削ってしまい、皮膚が傷ついてしまいます。肌は強い刺激を受けると、色素沈着と言って黒ずみが発生し、脱毛を繰り返せば繰り返すほど色は濃くなっていきます。一度色素沈着を起こすと治すのは非常に困難です。色素沈着のほかにも、炎症や乾燥といったトラブルが発生します。カミソリを使うのであれば、使いすぎないことと、脱毛後の保湿を忘れずに行いましょう。毛抜きや脱...
2014/08/10 13:13:10 | 脱毛サロンへ行こう
サロンに行かなくても、自分で脱毛する方法もいくつかあります。一番一般的なのが、カミソリです。市販のものは、ヒゲ用、ワキ・手足用、顔用と分かれており、スーパーやドラッグストア、コンビニなどどこでも安く手に入れることができます。脱毛方法も簡単で、肌にあてて剃るだけで一度にたくさんのムダ毛を処理することができます。ムダ毛と一緒に肌も削ってしまうので、脱毛後のケアも重要です。カミソリの次に多いのが、毛抜きではないでしょうか。毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根からなくなりますので、次にムダ毛が生えてくるまで時間がかかります。ただ、一本一本手で抜くことになりますので、結構手間がかかります。また、自力で行う脱毛の...
2014/08/10 13:12:10 | 脱毛サロンへ行こう
現代では、ムダ毛の処理が当たり前になってきています。どうせムダになってみんな処理するのだから、最初から生えてこなければいいのに!と思ってしまいますが、私たちがムダ毛と呼んでいるものは、体にとってはムダではなく必要なものなのです。毛は、体温の調整や刺激を和らげて保護するといった機能を果たしています。例えば頭部は特に大事な部分ですので、毛が多く生えていて守られています。紫外線を防止する効果もあるそうです。さらに、毛にはニオイを拡散させる効果もあります。特にニオイが発生しやすいワキや陰部は、毛も縮れていて、より一層ニオイが広がりやすくなっています。現代の私たちからすると迷惑かもしれませんが、動物はニ...