自力で脱毛するとこんな問題が

前回紹介したように、自宅で簡単に脱毛を行う方法はいくつかあります。

 

脱毛サロンに行くのと異なり、金額をかなりおさえられますし、いつでも気軽に取り組むことができます。

 

しかし、自力の脱毛には肌のトラブルがついて回ります。

 

まず、カミソリの場合、ムダ毛と一緒に肌も削ってしまい、皮膚が傷ついてしまいます。

 

肌は強い刺激を受けると、色素沈着と言って黒ずみが発生し、脱毛を繰り返せば繰り返すほど色は濃くなっていきます。

 

一度色素沈着を起こすと治すのは非常に困難です。

 

色素沈着のほかにも、炎症や乾燥といったトラブルが発生します。

 

カミソリを使うのであれば、使いすぎないことと、脱毛後の保湿を忘れずに行いましょう。

 

毛抜きや脱毛器を利用した毛を抜く処理の場合、肌はカミソリのようには傷つきませんが、毛穴自体に大きな負担がかかります。

 

脱毛後、毛穴が赤くなったり、ぷつぷつしていたりという経験はありませんか。

 

これも放置しておくと、色素沈着につながるおそれがあります。

 

また、毛根から取り除かれた毛穴は、ばい菌が侵入しやすくなっていますので、これも放置しておくと化膿の危険もあります。

 

毛を抜いた後は、毛穴を冷やして締めることが重要です。

 

それから、埋没毛と言われる症状も、自力での脱毛でよくあるトラブルです。

 

埋没毛はカミソリでも毛抜きでも起こります。

 

脱毛によって肌が炎症を起こし、かさぶたができて毛穴を覆ってしまうことで、新しく生える毛が肌の表面に出てこず埋没してしまう症状です。

 

埋没毛を無理に引っ張り出して抜こうとすると、更に症状が悪化します。

 

このように、自力の脱毛は肌に大きな負担がかかり、トラブルを起こしやすいのです。