こんな人は脱毛を避けよう

脱毛サロンで脱毛をしても、少なからず体に負担がかかります。

 

そのため、年齢のほかにも制限があります。

 

例えば、ケロイドなど皮膚トラブルを持っている人はNGです。

 

アトピー性皮膚炎は施術方法によっては受けられる脱毛サロンもありますが、万が一のトラブルを考えると避けた方がよいでしょう。

 

皮膚以外にも、感染症や脳・心臓に病気を抱えている人はまず断られます。

 

妊娠している場合も避けた方がよいでしょう。

 

脱毛の胎児への影響については諸説がありますが、直接的な影響はあまりないという意見が多いようです。

 

妊娠中はホルモンの分泌が不安定になるので、脱毛をしても思うような効果が得られません。

 

ですから、脱毛サロンが妊婦を断る理由は、体への影響というよりも、効果が出ないという意味合いの方が大きいようです。

 

では、脱毛を始めて何回分かお金を払い込んだ後に妊娠が発覚した場合、出産後生理が再開するまで施術を待ってもらえるサロンも中にはあります。

 

ちなみに、生理中に脱毛することはできません。

 

病気をせず健康で、妊娠していなくても、脱毛を避けた方がいい場合があります。

 

それは日焼けです。

 

レーザー脱毛と光脱毛は、肌を紫外線から守るメラニン色素に刺激を加えるため、日焼けしてメラニン色素を増えている状態で脱毛を行うと激痛が走るのです。

 

あまりに日焼けしていると脱毛サロン側から断られるかと思いますが、少々の日焼けでも痛みを伴います。

 

脱毛をするなら、なるべく日焼けをしないように対策しておくとよいでしょう。