脱毛によるトラブルが起きてしまったら

脱毛には体に現れるトラブルと、契約・支払に関するトラブルがあります。

 

どちらも、最初のカウンセリングでしっかり確認することで防げるものも多いですが、万が一トラブルが起きてしまった場合どうしたらいいのでしょうか。

 

まず、体に現れるトラブルです。

 

脱毛時に熱を帯びたり、傷を負ったりしてしまった時、医療機関であるクリニックは薬を出して処置をしてもらえます。

 

一方エステサロンでは、治療をしてもらうことができません。

 

せいぜい冷やしてもらえるくらいです。

 

ただ、医療機関と提携しているエステサロンであれば、すぐに病院を紹介してもらって受診してもらうことができるでしょう。

 

脱毛サロンでは異常はなく、帰宅してから症状が出てきた時は、すぐに脱毛サロンへ電話をしてください。

 

ちょっと火照っている程度でしたら冷やして対応すればいいのですが、脱毛後は肌も敏感になっていますので、自己判断で処置をすることは避けた方がいいです。

 

脱毛サロンへ電話すると、クリニックであればすぐに診てもらえますし、エステサロンであれば提携している医療機関を紹介してもらえます。

 

治療費は脱毛サロン側の負担です。

 

ここで連絡を入れずに自分で病院を探して治療してもらうと、後から治療費を補償してもらえず揉めてしまうこともあります。

 

次に、契約に関するトラブルです。

 

勢いで契約してしまい、やはり解約したいとなった時、8日以内であればクーリングオフ制度を利用できます。

 

8日を過ぎても中途解約はできますが、無料で解約することはできないでしょう。

 

何よりも重要なのは契約前に細かいところまでしっかり確認しておくことです。